Jisaku Bench









<何でもこなせる名脇役>

私ほど、ダイニングテーブルのベンチを過小評価していた者はおりません。長年、家具つくりをしながら、ベンチのことを気付いてあげられなかったなんて、、、
そうなんです。主役級のダイニングチェアに対して、あまりにも地味な存在だったベンチをないがしろにしてしまっていたのです。

ベンチには背もたれがなく、くつろぐという機能がありません。しかし、だからこそ、椅子にはできないけれどベンチにはできる機能がたくさんあることに、ようやく気付くことができたのです。
上の写真にあるように誰かとベンチを共有すると、なんだか心があったかくなります。
椅子だとひとり、ひとりです。ベンチは、時にふたりのためにあります。
撮影のときにも、息子とふたりベンチに腰掛けると、なんとも愛おしい気持ちになりました。ベンチというのは木の板で繋がっている分だけ、気持ちもつながるんですね。

それからさらに、最近のトレーニングブームにおいて、ベンチは欠かせない存在。腹筋、背筋は当然のこと、ベンチを使って、色んなトレーニングのバリエーションが増えます。

さらに言うならば、構造がシンプルですから、椅子一脚分のお値段がベンチ一つのお値段です。国産のダイニングテーブルセットをお買い求めになったら20万円以上の価格となります。しかし、ジサクシリーズのダイニングとベンチを2脚では、10万円以内で収まります。そして、そこには自分たちでつくる、思い出も込みのお値段になっているのです。


それではジサクベンチの使い方を順を追ってご紹介します。

まずは、ジサクシリーズのベンチは、自分で組み立てる楽しみがあります。
梱包を開けたてから約10分で組み立ては完了します。
短い時間ですが、ものづくり体験をお楽しみ下さい。

そして、素材が杉の無垢材です。
無塗装の商品なので、自然な杉の香りを堪能いただけます。

組み立てが終わったら、普通にベンチとしてダイニングテーブルとセットでお使い下さい。

そして、ここからがベンチの有効活用方です。

ベンチはカラダを引き締めたり、腰痛を予防したりするためのトレーニングの良きパートナーと
なってくれます。

腹筋

背筋

腕立て伏せ

ダンベルプレス

ダンベルローイング